金融機関マーケティングにおけるデータ活用 ~顧客理解・施策立案・施策実施時のデータの使い方・考え方~ | The Academy

本動画を視聴するには、概要欄下部の視聴条件をご確認ください

金融機関マーケティングにおけるデータ活用 ~顧客理解・施策立案・施策実施時のデータの使い方・考え方~

 

【概要】

金融機関マーケティングを推進する際には、顧客を理解した上で、その顧客理解に基づく施策実施・検証を実施することが重要となります。
昨今は、顧客の理解や施策実施に役立つ様々なデータが活用可能になっており、効果的なマーケティング施策を打つ上でもこれらデータの活用の場面・方法を把握しておく必要があります。
本セミナーでは、近年注目されている顧客の心理データや行動データを中心に、概要の説明から活用方法までわかりやすく解説します。

【項目】

1.デジタル時代の顧客分析
(1)マーケティングデータの分類
(2)心理データと行動データ
2.既存データの限界
(1)デモグラ・ジオグラデータの限界
(2)金融取引データの限界
3.顧客理解のためのデータ活用
(1)心理情報による顧客理解
(2)位置情報による顧客像推計例
4.施策立案・実施のためのデータ活用
(1)施策立案・実施のポイント
(2)ポイントに基づく施策事例・案

【講師名】

株式会社NTTデータ経営研究所
金融政策コンサルティングユニット
シニアマネージャー
菊重 琢 氏

【経歴】

東京大学大学院修士課程修了後、NTTデータ経営研究所入社。
上海のNTTデータチャイナへの出向などを経て、事業計画策定支援、金融機関のマーケティング戦略策定支援、
金融機関住宅ローン動向調査、消費者金融市場の調査研究など、幅広いプロジェクトに従事。

書籍:「AIが変える2025年の銀行業務」(共著)

販売開始 販売終了 配信開始 配信終了

本動画は以下見放題プランで視聴することが可能です。

 
単品購入(11,030円)

この動画は2024年06月30日 17時00分に販売終了予定です。

視聴期限は購入後7日間です。

購入済の方は、ログインすると視聴できます

講演資料・その他資料ダウンロード

※講演資料・その他資料は動画視聴可能になるとダウンロードできます

  • 金融機関マーケティングにおけるデータ活用.pdf(2.20 MB) 

お気に入り登録

関連動画