企業が抱える課題解決のカギをにぎる『企業間決済』の新潮流【リバイバル配信】 | The Academy

本動画を視聴するには、概要欄下部の視聴条件をご確認ください

企業が抱える課題解決のカギをにぎる『企業間決済』の新潮流【リバイバル配信】

本セミナーは2024年1月26日に開催・収録したセミナーのリバイバル配信です。
2024年1月29日~2024年4月26日まで、
当社セミナー販売ホームページ(https://www.seminar-info.jp/)にて、
販売しているコンテンツとなります。

 

【概要】

企業は日々様々な課題と向き合っています。その中で、以下に挙げた人手不足への対応・資金繰り改善・ガバナンス強化は、経営者が向き合う重要な課題です。
・決済に関する業務、すなわち請求書発行・支払・入金確認・債権回収には、経理部門のみならず業務部門の多くの人手が割かれており、特に人手が不足しがちな中小企業にとって大きな負担となっています
・成長を志向する企業、とりわけスタートアップにとって、必要なタイミングで必要な資金を確保することは極めて重要です
・従業員数が一定以上になると、経費利用に関するガバナンスを強化し、不正支出を防止することが重要となります

これらの課題に対して「決済」が果たせる役割が多くあります。本セミナーでは、企業活動の根底をなす「お金の出入り=決済」に着目しながら、
それらに組み込まれる形で提供される様々なサービスも含めて概観いたします。

【本セミナーで得られること】
・企業の課題に対して「企業間決済」が果たす役割の全体像
・業務効率化・資金繰り改善・ガバナンス強化、に資する「企業間決済」の最新トレンド
・企業間取引におけるビジネスチャンスとサービス創出のヒント

【推奨対象】
・企業間決済に携わる決済事業者の事業責任者・実務担当者
・スタートアップ企業や成長企業へサービスを提供する企業の事業責任者・実務担当者
・成長にチャンレンジする中小企業の経営者・実務部門の責任者

 

【項目】

1.企業が抱える決済に関する課題
(1)決済に関する三大課題(業務効率化、資金繰り改善、ガバナンス強化)
(2)業種ごとの商習慣をふまえた課題の具体事例
(3)企業における決済に関する課題の実態

2.決済に関する課題に対して法人カードが果たせる役割
(1)企業間決済における法人カードの実態
(2)法人カード決済のメリット[1]:決済関連業務の効率化
(3)法人カード決済のメリット[2]:資金繰り改善
(4)法人カード決済のメリット[3]:経費処理に関するガバナンス強化

3.企業間決済における今後の展望
(1)企業間決済における「目指す姿」
(2)「目指す姿」実現のために今後必要となる取り組み

 

【講師名】

デロイト トーマツ コンサルティング合同会社
ストラテジーユニット/モニター デロイト
シニアマネジャー
池田 貴宣 氏

【経歴】

米国系戦略コンサルティング会社、米国系グローバル決済事業者(国際ブランド)を経て現職。主に金融業、通信業、製造業において、成長戦略策定支援、マーケティング支援等の経験を有する。
モニター デロイトのFuture of Financeのオファリングにおいて主にペイメント領域をリードする。

【視聴時間】

1時間53分23秒

【補足事項】

※配信画面の録音、ビデオ・写真撮影はご遠慮ください。
※アクセス制限がある場合は、個人所有の端末等でご視聴をお願いします。
※ご使用PC、ネットワークにかかるセキュリティ制限がある場合、事前に社内ご担当部署等にご確認をお願いします。
※講師との名刺交換は承っておりません。
※講師へのご質問は、ダウンロードが可能な講演資料に記載の講師連絡先へ直接ご連絡ください。
※お申し込み後のキャンセルはお受けできませんのでご了承ください。
※イベント提供期間に視聴されなかった場合においても受講料のお支払が発生いたします。
※受講料をお支払いただいた方におかれましても、イベント提供期間外の動画提供ならびにご視聴は不可となっております。

販売開始 販売終了 配信開始 配信終了
単品購入(28,100円)

この動画は2024年04月26日 13時00分に販売終了予定です。

視聴期限は購入後7日間です。

購入済の方は、ログインすると視聴できます

講演資料・その他資料ダウンロード

※講演資料・その他資料は動画視聴可能になるとダウンロードできます

  • 「企業が抱える課題解決のカギをにぎる『企業間決済』の新潮流」.pdf(4.78 MB) 

お気に入り登録