データ活用とジェネレーティブAIを金融機関の企業価値向上につなげるには ~Part 1. データとAI活用の今~ | The Academy

本動画を視聴するには、概要欄下部の視聴条件をご確認ください

データ活用とジェネレーティブAIを金融機関の企業価値向上につなげるには ~Part 1. データとAI活用の今~


シリーズ開催「データ活用とジェネレーティブAIを金融機関の企業価値向上につなげるには」は4ヵ月連載となっています。
本動画は「Part1. データとAI活用の今」の動画となります。

【概要】

2022年末以降、ジェネレーティブAI (通称、生成AIなどとも呼ばれます)に対する注目が急激に高まるようになりました。
ジェネレーティブAIを含む機械学習を活用することにより、オンラインでのお客様体験をより豊かにし、必要な情報により早くアクセスでき、コンテンツやアプリケーションをより速くつくれるようになります。
本セミナーは4回のセッションで構成され、金融機関におけるデータやジェネレーティブAIの活用ユースケースや実現に必要となる技術をご紹介します。
Part1では金融機関におけるデータやAI活用の今を事例をまじめてご紹介します。 Part2ではそうした事例を踏まえて金融機関におけるデータやAIの活用ユースケースに触れます。
Part3とPart4では、そうしたユースケースを実現するために必要な技術要素をデータとジェネレーティブAIというそれぞれのカテゴリにわけてご紹介します。
「最近よくジェネレーティブAIって聞くけど何が自分たちにとってうれしいのかわからない、金融機関の現場でそれをどう適用していいかわからない」という方向けの入門セッションとなります。

Part1. データとAI活用の今
Part2. Data to AI :企業価値向上につなげるためのデータやAI活用とは(公開予定:9/1)
Part3. データ活用のための技術紹介(公開予定:10/3)
Part4. ジェネレーティブAIをビジネスの現場で活用するための技術紹介(公開予定:11/1)

 

【項目】

1.AIに対する期待の高まり
(1)いま起きていること:ジェネレーティブAIの台頭
(2)ジェネレーティブAIとは
(3)ジェネレーティブAIの何がすごいのか?
2.なぜデータとAIが金融機関にとって大事なのか?
(1)ビジネスモデルとプロセスの変化につながる
(2)コスト効率化のためのプロセス変化
(3)お客様の体験を変えるためのビジネスモデルの変化
3.金融機関におけるデータとAI活用の今
(1)データとAI活用のユースケース
(2)データとAI活用の活用事例
(3)今後想定されるユースケース


【講師名】

グーグル・クラウド・ジャパン合同会社
パートナーエンジニアリング本部 技術部長
西岡 典生 氏

 

【経歴】

株式会社野村総合研究所を経て2018年より現職。
エンタープライズのクラウド活用に向け、クラウドアーキテクトとして様々な業界のお客様におけるクラウド戦略立案、設計・導入に従事。
現在はより多くのお客様やパートナーが課題を乗り越えてGoogle Cloudを活用していただけるよう、積極的に講演や技術支援を行っている。

書籍:「図解即戦力 Google Cloudのしくみと技術がこれ1冊でしっかりわかる教科書」 「Google Cloud 認定資格 Associate Cloud Engineer 公式ガイド (監訳)」

 

 

販売開始 販売終了 配信開始 配信終了

本動画は以下見放題プランで視聴することが可能です。

 
単品購入(10,040円)

この動画は2024年06月30日 17時00分に販売終了予定です。

視聴期限は購入後7日間です。

購入済の方は、ログインすると視聴できます

講演資料・その他資料ダウンロード

※講演資料・その他資料は動画視聴可能になるとダウンロードできます

  • データ活用とジェネレーティブ AI を金融機関の企業価値向上につなげるには~Part1.データとAI活用の今~.pdf(2.38 MB) 

お気に入り登録

関連動画